s3214’s blog

enjoy Japan alps mountains 🍀🍁🌼🗻

2017/9/14-9/16 上高地より、常念山脈 最北端の唐沢岳へ①(上高地~蝶ヶ岳~常念岳~大天荘)

未踏の燕~餓鬼岳~唐沢岳コースを目的に、再び北アの旅へ。

台風が来る前に行ってきた縦走の、初日の記録です。

 

実はこの常念山脈縦走計画はもう4回目です。(今年の海の日連休にもtryしました)

過去3回は、たびたび天候不良や体調不良に見舞われ、燕での敗退が2回、蝶での敗退が1回。。。

今回もまた何かが起きそうなイヤな予感はしつつも、東京駅発のさわやか信州号で上高地に向かいました。

 

(なお、初日は常念小屋でのテント泊を計画していましたが、時間に余裕があったのと3日目の天気予報が怪しく2日目のうちに唐沢岳に行ったほうが良いと判断し、大天荘テント泊に変更としました。)

 

上高地バスターミナル~徳澤園~長塀山~蝶ヶ岳

平日の上高地。静かでいいですね。

歩き始めてそうそう、猿の群れに出会いましたが、目を合わせないようにして通過。

 

もくもくと遊歩道を歩いて徳澤園。

テント泊の皆さん、優雅で楽しそうでした。

f:id:s3214:20170918101601j:plain

 

長塀尾根はいきなりの急登となりますが、日陰続きなので助かります。

もう4回目なので、変に気持ちが焦ることもなくマイペースで進むことができましたね。。。

 

途中、蝶から下ってくる方々とすれ違う度に「今日は最高の天気だね!」とすがすがしい朝の挨拶を交わしました。

 

途中池が出てきてから長塀山までが長い・・・

長塀山で一息いれたら蝶ヶ岳山頂へ。

 

稜線に上がれば、穂高連峰槍ヶ岳を一望!!

f:id:s3214:20170918101602j:plain

 

いつも蝶ヶ岳ヒュッテでランチにしていたのですが、2592ピークでのランチに計画変更とします。

三ツ矢サイダーを飲んでベンチで休憩したら出発!

 

蝶ヶ岳常念岳~常念小屋

蝶ヶ岳ヒュッテを出発してすぐのこの斜面、毎年紅葉が素敵です♪

f:id:s3214:20170918101603j:plain

 

蝶槍から一気に下り樹林帯歩きへ。

楽しい稜線歩きから暫し離れることになります。

 

夏はニッコウキスゲのお花畑が広がる2592ピークに上り返し、ランチとします。

今回の縦走ランチは「ビバークレーション」という、2分でできる乾燥インド米ご飯にしてみました。

好みはあると思いますが、トマトときのこの味はスパイシーでおいしいです。お茶漬け味は海苔が効いてておいしい(^^)

ビバークレーション-Bivouac Ration ... - .:ULTRA LUNCH:.

 

2512ピークへの登り手前で常念岳再登場。秋色の高山植物との1枚。

あい変わらずでっかいピラミッド。

f:id:s3214:20170918101604j:plain

 

登りは焦らず、もくもくと・・・。

今回は涼しい風に助けられ、途中でバテることなく常念岳山頂に到着。

時間的に大天荘に進めそう(常念小屋から2時間の想定)なので、山頂からこの先のルートを確認とします。

f:id:s3214:20170918101605j:plain

 

山頂から岩・ザレの道をジグザグに下り、常念小屋へ。

平日でも賑わっています。さすが北アルプス

オレンジジュースを購入&チャージしたら再出発。(どうも営業小屋は買い物せずに通過できない性分です。。)

 

常念小屋~大天荘(大天井岳)

常念小屋から樹林帯を登っていくと、次第に砂地に出て、その後横通岳のトラバース道となります。

この日は横通岳の稜線に何人か人影が見えました。

f:id:s3214:20170918101606j:plain

 

横通岳のトラバースを抜け、いったんハイマツ帯の広場に下ったら、東天井岳の分岐への上り返しとなります。

蝶槍~常念2512ピーク間の樹林帯と、このハイマツ帯登りは、なかなか堪えるポイントです。。

f:id:s3214:20170918101607j:plain

 

東天井岳の分岐を過ぎ、上り返していくとようやく大天荘が姿を現します。

蝶のほうから歩いてくると「大天荘まで残り1km」から「残り500m」がとても長く感じます。

f:id:s3214:20170918101608j:plain

 

支配人さんには、以前の夏の縦走で怪我の処置をして頂いたので、その時のお礼を改めてお伝えしました。(うっすら覚えていらっしゃったような…)

 

さて、テント設営したら小屋裏の石畳の道を経て、大天井岳の山頂へ

小屋から10分で山頂ってステキですね!

f:id:s3214:20170918101609j:plain

 

望遠レンズで燕山荘(立派な建物ですね)と餓鬼岳へと続く稜線を。

翌日は、燕・北燕を経て、写真では全く見えない東沢乗越に下り、餓鬼へと続く岩々稜線を歩く予定です。

f:id:s3214:20170918101610j:plain

 

テントに戻り、のんびり夕ご飯を食べていたら、いつの間にか日没

 

この日は強風で、私のテント(Big Agnes Fly Creek UL1EX)は、1本ポールになっている足元側が横風に押しつぶされていました。。

構造上、横風にめちゃめちゃ弱いんだな・・・と学習しました。

 

テントに吹き付ける風のバタバタ音を聞きながら、就寝。。

かなり気温も下がっていたようですが、気温+強風でとっても寒いテント場でした。

大天荘でカルピスペットボトルを購入し、ホットカルピスにして暖をとりました。

f:id:s3214:20170918101611j:plain

 

Course information

  • 人気のコースで道は明瞭です。稜線歩きで登山道が不安になったら、〇マークを探しながら歩けばOKです。
  • 徳澤園:外トイレはキャンプ場入口付近。水場は建物向かって左手側。
  • 蝶ヶ岳ヒュッテ:水は購入(建物内に補給場所あり)。トイレは外トイレ
  • 常念小屋:水は購入(建物内に補給場所あり)。トイレはテント場内の外トイレ
  • 大天荘:テント700円、通行手形をテントに着けておき、翌日受付に返却します。水は別途販売(小屋外に補給場所あり)。外トイレはとってもきれい!

 

arr. dep. brk.  
- 5:22  - 上高地バスターミナル
6:47 6:55 0:08 徳澤園
8:52 8:59 0:07 長塀山
9:36 9:51 0:15 蝶ヶ岳ヒュッテ
11:03 11:21 0:18 2592ピーク
12:47 12:53 0:06 常念岳
13:28 13:39 0:11 常念小屋
15:45 -  - 大天荘
Total 10:23 1:05 (hours)

 

 ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村