読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s3214’s blog

enjoy Japan alps mountains in all seasons 🍀🍁🌼🗻

2016/4/2-4/3 編笠山・権現岳・西岳(青年小屋 冬季小屋泊)

南八ヶ岳

※古い記録をアップしています(2016/11)

 冬はもっぱら八ヶ岳です。遠い飲み屋の青年小屋をベースに積雪期は厳しいギボシ越え・権現岳アタックをめざす計画のもと、雪山フル装備で行ってきた記録です。

 

まずは富士見高原ゴルフ場より編笠山を目指します。

途中樹林帯の急登が始まるところから凍結が出てきたため、アイゼンを装着します。

樹林帯はテープの目印があるため、雪でも道は特定できます。

f:id:s3214:20161127113916j:plain

 

編笠山のごろごろ岩道にでるところで雪がなくなったため、アイゼンを外しました。

f:id:s3214:20161127113917j:plain

 

編笠山より権現岳阿弥陀岳、赤岳を臨む

f:id:s3214:20161127113918j:plain

 

青年小屋に下ります

小屋に寝袋、テントなどをデポして権現岳に向かいます。

f:id:s3214:20161127113919j:plain

 

岩だらけの編笠山、雪をかぶった岩の落とし穴にはまらないかと、ひやひやします。

f:id:s3214:20161127113920j:plain

 

ギボシへのとりつきからハーネス・ロープ・ヘルメット装備に。

この日は雪が少なく、ギボシの鎖場・トラバースは比較的難易度は低かったですが、これも積雪状況によります。

f:id:s3214:20161127113921j:plain

 

ヤマレコの写真を引用、なんて場所を歩いてるんだ。

リーダーと権現岳

f:id:s3214:20161127113922j:plain

 

権現岳につく頃にはすっかり雲がでてきてしまいました。

ここからながめる迫力の南八ヶ岳を楽しみしてましたが、この日は残念な結果に。

f:id:s3214:20161127113923j:plain

 

青年小屋に戻って、冬季小屋で一晩過ごし、翌日な西岳によって下山。

アンザイレンの一蓮托生でギボシをこえるのはかなり緊張し、のどがカラカラになってしまいました。。

(雪山でのどカラカラになったのは、今のところGWの五竜とここだけ)

厳しい道のりでしたが、この日もいい経験・楽しい登山でした。

 

Track record

1日目 6:40富士見高原駐車場 - 11:25編笠山11:35 - 12:00青年小屋12:40 - 13:40 のろし場 - 15:30 権現岳 - 17:30 青年小屋

2日目 6:40青年小屋 - 7:45 西岳 8:10 - 10:05 富士見高原駐車場

Course guide

  • 富士見高原の登山者駐車場から少し上ると編笠山入口があります。登山届用ポストもあります。
  • 不動清水の水場は使えました、乙女の水は凍結のため使用不可
  • 編笠山は岩場のため、アイゼン歩きの場合は爪ひかっけないよう注意
  • 青年小屋からギボシまでは目印があまりなかった印象です、青年小屋から西岳は目印ありわかりやすい
  • ギボシのトラバースは雪が腐っていて滑りやすいため、滑落注

 

 ブログランキングに参加しています、よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村